FC2ブログ

・増税・・・こんな時こそ価値ある物を⋆★⋆


先月末頃から、テレビなどで具体的になってきた増税話。
店頭でお客様とのお話の中でも良く話題に上がります。

増税だからって、「無理に焦って間違った買い物をしたくない」なんて声も、
やはりモノづくりがしっかりしていて何年も長い間身に着けて満足感を
得られるブランドを選ぶことが大切ではないでしょうか。

1122_2.jpg
アメリカは、ニューメキシコ州「サンタフェ」という灼熱の太陽が降り注ぐ街に、
数々の賞を総なめにするシルバーマイスター、
CODY SANDERSON (コディ・サンダーソン) が存在します。

1999年からオリジナル作品の制作を始める。
ナバホの出身だが、もはやカテゴライズすることが難しいジュエリーブランド。
シルバージュエリーブランドは数多くありますが、
コディサンダーソンの作品がそれらと一線を画すのが、
その作品のほとんどすべてのアイテムを実際にコディがひとりで
作り上げているという点にあります。

1122_1.jpg
デザイナー、コディ氏にとって重要なメインモチーフは「STAR(☆)」。
それ以外にも戦国の世の甲冑、オーストラリアを代表する建造物から
虫に至るまで、コディにとってはあらゆる対象物が創作の源となります。
今回は、そんなコディサンダーソンの魅力が一番詰まっている
メインモチーフのスターをあしらったバングルをご紹介します。
aaaaaaaaaFullSizeRfaf.jpg

↓内側も凝ったデザイン、表のデザインの盛り上がりが、
そのままヘコミになっていてこれをハンドメイドで作ったと思うと、
かなりの技術、パワーが必要だと感じさせます。
aaaaaaaaaIMG_9836.jpg

着用だとこんな感じに。
ここ数年、ハイブランドでもワイドなバングルがリリースされ
注目されています。
季節を問わず、半袖はもちろんの事、
シャツの袖からチラッと見える雰囲気も◎。
IMaaaaaaaaaaG_9838.jpg

また、コディサンダーソンの価格の改正も予定しておりますので、
詳しくは店頭にてお尋ねくださいね。

尚、取扱いは大阪店のみになっておりますのでご注意ください。
お問い合わせ
大阪 06-6214-5225
他にもバングルの種類は豊富ですよ☆
IMG_9845.jpg



bnr_white_rectangle111.png
デザイナー:CODY SANDERSON
アメリカニューメキシコ生まれ、ナバホ居留地の首都アリゾナウィンドウロックで育ち、2001年より本格的にオリジナルジュエリーの製作を開始。
2008年にはアリゾナ州HEARD MUSEUM主宰のハード・インディアン・マーケット2008で”BEST OF SHOW”を受賞し、展示品として恒久的に保存・展示される事となった。
CODY は、伝統的なインディアンジュエリーの製法を踏襲しつつも、
革命的なデザインやモダンなモチーフを取り入れ、独自の洗練された作品を作り続けている。
コレクションはほぼ全ての工程をCODY本人がひとりで手がけており、
厳密にいえば全てのアイテムが1点しか存在しない”作家物”で、適切なケアを行えば、世代を超えて1000年以上受け継いでいくことの出来る物づくりを行っている。
プロフィール
C.R.E.A.M. OSAKA
STAFF オクミネ、ツジイ、トダ

日常で見つけたCREAMの新鮮なおもしろ話をお届けします、乞うご期待!ブログ見てお店に来られた方は感想教えてください!!


C.R.E.A.M. TOKYO
STAFF タナカ、ミヤモト、オマタ

TOKYOスタッフがお届けする最新のHOTな情報が満載!
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード -このBlogを携帯で見る-
QR