FC2ブログ

    ・Ask Alex Chapter 1: When Alex Met Axl

    こんにちは、ミヤモトです
    土日は臨時休業をさせていただいておりました
    東京店ですが本日より通常営業に戻ります。


    アレックスストリーターが新しい試みを始めています。

    Ask Alex!

    といってアレックスに何か聞いてみようというものです。
    大好きなアイテムの裏の制作秘話やお店をやっていたころの話、
    どうしてこの仕事を始めたのか・・・などなんでもいいそうですよ。


    そしてそのチャプター1が公開されましたのでこちらで
    ご紹介してみますね。



    チャプター1
    ”アレックスがアクセルに会ったとき” 

    どんな内容かご紹介しますね。

    20200330ax01.jpg


    90年台のある日、ひとりの男が僕の店に入って来た。
    グランジファッションの背の低い男だった。

    店内を見渡してそして私に向かって
    ”ブルースウェーバーと撮影をしてるんだけど、なにかぱっとするものないかな?” といった。

    20200330ax05.jpeg


    ハイカットのスニーカーに書いてあるAXLという文字を見るまでは
    正直、誰か全くわからなかった。

    20200330ax07.jpeg


    私はリングと1点ももののブレスレットを彼に着けた。

    20200330ax09.jpeg


    ブレスはベルリンの壁が崩壊した時期にドイツで制作したものだった。
    生のエメラルドが中央にあり、片側は小さい労働者が懸命に働き、逆側は
    座って太陽を楽しむ一人の人を表現していた。

    彼はこれが気にいったようだった。

    20200330ax02.jpeg


    店を出ていくときに

    ”ありがとう! 撮影終わったらコピー送るよ! ”

    それが唯一の希望で、もちろんなんの保証もなかった。
    でも充分だった。

    そして数日後。

    ブルースウェーバーから素晴らしい写真が届いた。

    今でも大切な私の宝です。
    20200330ax06.jpeg


    以上になります。
    いかがでしたか?


    アレックスが額に入れて飾ってある写真はソーホーの
    アトリエにも飾ってありました。今も変わらずずっと飾ってあるのは
    そういうストーリーがあったんだなぁと思いました。

    送られて来た本の写真には大きくAXLと書かれたスニーカーの写真もありましたね!
    さすがにあれならアレックスも気づきますね


    ちょっと画像が見えにくいかもしれませんがこちらがバングルの
    アップの画像になります。
    20200330ax04.jpeg

    加工されていないエメラルドが中央に配されていて
    ワイルドでかっこいいですよね。


    アレックスのデッサン画です。
    20200330ax08.jpeg
    ベルリンの壁からインスピレーションを受けていたんですね。


    イベント時は時間が限られていてあまり長く話せないですが
    こうした機会で貴重な写真が見れたり、いろいろな話をデザイナーから聞けるのは
    うれしいですよね(*´v`)

    またこちらでもご紹介していきたいと思います~!


    CREAM東京 03-5772-8518

    プロフィール
    C.R.E.A.M. OSAKA
    STAFF オクミネ、ツジイ、トダ

    日常で見つけたCREAMの新鮮なおもしろ話をお届けします、乞うご期待!ブログ見てお店に来られた方は感想教えてください!!


    C.R.E.A.M. TOKYO
    STAFF タナカ、ミヤモト、オマタ

    TOKYOスタッフがお届けする最新のHOTな情報が満載!
    最新記事
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    QRコード -このBlogを携帯で見る-
    QR